アベノミクスとは

「どれだけ真面目に働いても暮らしがよくならない」という日本経済の課題を克服するため、安倍政権は、「デフレからの脱却」と「富の拡大」を目指す経済政策が、アベノミクスです。
このアベノミクスには「3本の矢」と呼ばれる3つの経済政策からなります。すなわち1:大胆な金融政策、2:機動的な財政政策、3民間投資を喚起する成長戦略です。

アベノミクスの目的

アベノミクスはバブル崩壊後から脱却できていない「デフレ・円高・株安」の三重苦を「インフレ・円安・株高」の経済に転換する事を目標にしています。

インフレ・デフレって何?

インフレとは正確にはインフレーションといい「物価の上昇と通貨価値の下落が断続的に続く状態」の事をいい、反対語がデフレ(デフレーション)である。 この、インフレになる要因には2つの種類があり、景気が良くなることによって急速に需要が高まる事によって物価が上昇します。 この物価上昇が異常に吊り上げられた状態がバブルと呼ばれるものでバブル崩壊と共にデフレに移項するケースが過去にも多々見受けられます。 更に不景気でもインフレになる事があります、これは戦争などで情勢が悪化すると物資が極端に不足し物価が極端に吊り上るハイパーインフレと呼ばれる状態を引き起こす場合もあります。 これが景気が要因となるインフレで、もう一つの要因が通貨価値によるインフレです。 金融緩和などの金融政策などはある程度のインフレを引き起こす原因となります。 通貨価値が下落する円安もインフレを引き起こす原因となります。 アベノミクスはこの大胆な金融緩和と円安によってインフレに経済を転化させようという政策なのです。

アベノミクスによる円安のメリットとデメリット

アベノミクスによるメリット
日本の経済のほとんどが輸出産業によって支えられている為、円安であるほうが海外に物資が売れるので経済的メリットは大きく、経済が好転し給料面の向上などが期待できます。

アベノミクスのデメリット

円安になる事で景気が好転する事で発生するデメリットは、輸入業です。 円安は輸出は潤いますが、逆に輸入にかかるコストがかかります。 具体的なものを上げれば、石油や小麦粉などは海外からの輸入に頼らなければいけないので円安いなる事で輸入物資が高騰します。 更に輸入にかかるコストとしてのガソリン代も高騰するため、生活必需品や食料品など、全体的に値上がりする可能性が出てきます。 そして、景気向上によって給料が向上しますが、景気の向上と給料の向上にはどうしても時差ができてしまうので、その間の生活が苦しくなってしまう事もデメリットとして上げられます。