• 円安が続いている背景

    円安が続いている背景

    安倍政権が打ち出している「アベノミクス」は日本経済(GDP)のほとんどが輸出産業によるものなので、意図的に円安方向へ経済を動かし日本の製品を海外に売りやすい状況を作り経済を回復させようとしています。
    ですから、この円安はある意味自然な流れだといえます。
    これで景気は回復しているのでしょうか?普段生活していてもあまり生活が楽になったという感じはしません。
    これは日本が食料やエネルギーなどの生活に必要不可欠なもののほとんどを輸入に頼っているからに他なりません。
    円安という事は物を輸出する場合には安くで輸出できる為良いことなのですが、輸入する場合には値段が高くなってしまいます。
    これによって食料品などの値段が徐々に上がり、生活を圧迫している為、景気が良くなっている実感が湧いてきません。
    加えて消費税の増税によって更に我々消費者の負担が大きくなってきているのです。

  • ではこれから先、まだ円安は続くのか

    ではこれから先、まだ円安は続くのか

    バイナリーオプションやFXをしている人にとって一番関心があるのはこれから先まだまだ円安は続くのか、それとも円高へ転じるのか?という問題だと思います。
    現在原油安で一時期に比べて原油価格が半分ほどになっています。
    コレは海外からの輸入が容易になることから物価が下がり家計が助かるはずなのですが、
    アベノミクスの目的としては、デフレ脱却には景気が上向きになることによって2%の物価の上昇を目的としています。
    しかし現在の物価の上昇は「黒田バズーカ」とも揶揄されるような異次元緩和による影響が強く、この原油安の中、物価が上昇しています。
    この様な金融政策がまだ続くのであれば、しばらく円安は続くとみていいでしょう。