よくある質問一覧

海外の業者を選ぶとリスクが高いと言われているようですが、その理由は何でしょうか?

A:国内と比べて、海外の業者は総じて信用度が低いことが一番の原因となっているようです。報酬内容では国内より海外の方が優れていますが、運用面で見ると様々な不都合な事態が起こりえます。例えば時差による口座開設に要する期間や、クレジットカードでないとクイック入金ができない点など、国内と比べてルール全体が複雑となっています。特にリスキーと考えられていることは、ほとんどの海外業者が無登録業者であることです。また、お客様の問い合わせ対応がメールorチャットがメインとなっているので、総じてサポート体制が脆弱していることが挙げられます。

取引時または口座開設時に手数料が発生することはありますか?

A:バイナリーオプションの取引時や口座開設時も、手数料が発生することはありません。

ペイアウト率が適用されるのは、購入時または利益確定時のどちらでしょうか?

A:購入時点のペイアウト率が適用されます。基本的に国内の場合で見ると、どの業者も必ずポジションが確約された時点で直にペイアウト率が反映されます。

今までのバイナリーオプションの取引ルールが変更されたそうですが、どういうことでしょうか?

A:2013年12月より、金融庁規制によるバイナリーオプションの取引の新ルールが制定されました。今までは取引注文を行ってから判定結果が出る前に別の取引をいつでも行うことができましたが、新体制では取引注文の確定後、最低2時間以上経過しないと次の取引が行えなくなりました。また、新規のユーザーがバイナリーオプションを始める際、業者が設けている知識確認テストを受験しなければなりません。業者によって合格基準は異なりますが、おおよそ7割以上の正答率でないと取引はもちろん、口座を開設することができません。

知識確認テストを受けるにあたり、何か対策はありますか?

A:原則、その業者が過去に出題された範囲の中からランダムに出題されるのがほとんどとなっています。ただ簡単な問題であっても、あまり聞き慣れない専門用語を駆使して難しい問題に仕立てあげるのが、知識確認テストの大きな特徴です。しかし、内容をよく理解すれば必ず合格できる試験なので、業者が出題した過去問を一通り勉強すれば事は足ります。もし、試験で合格できるかどうか不安のある方は、金融先物取引業会に掲載されている参考問題を解くことをオススメします。